HOME > コラム > シェアハウスの居住性にこだわるなら東京で探そう

シェアハウスの居住性にこだわるなら東京で探そう

シェアハウスは、若年層を中心に人気の高い物件の一つであり、家賃を安く抑えたい人や、友達と生活を送りたい人にとって、魅力的な物件といえます。
最近では、東京の近辺の不動産会社において、居住性の良い物件が豊富に扱われており、各自の生活スタイルや経済的な事情などに適した物件を選ぶにあたり、経験豊かな従業員からアドバイスを受けることがおすすめです。
特に、交通アクセスや日当たり、間取りなどが優れているシェアハウスに関しては、入居希望者が多くいるため、余裕をもって物件探しを始めることがポイントです。
また、東京のオフィス街や繁華街などの近くにある物件に魅力を感じている場合には、学生や新社会人を対象としたシェアハウスの特徴を知ることがおすすめです。
その他、賃貸借契約を結ぶにあたり、前もってお気に入りの物件の下見をすることが肝心です。



東京で、ワイワイシェアハウスに暮らす

東京で、憧れの一人暮らしを始める方も多いのではないでしょうか。
でも、都心は家賃が地方に比べて、とても高いように思われます。
そのほかにも、光熱費などもかさみ、お給料の大半が固定費に消費するようなことになってしまいます。
そこで、ちょっと、良いのは、最近ブームになっているシェアハウスといったスタイルです。
一軒の家や、マンションなどを、数人で借りて住むことができるといった、ケースです。
お友達やがいればお友達と、会社の同僚同氏とか、まったく知らない人同士など、様々なスタイルのようです。
簡単に言えば、共同生活という感じです。
部屋は、一人ひとりで借りて、お風呂、トイレ、キッチンなどは、共有スペースになります。
もちろん冷蔵庫や、家電製品などに関しましても、共有になると思われます。
話し合いにより、円滑に円満に生活を遅れれば、楽しいのではないかと考えます。



シェアハウスの需要が東京で高まる理由とは

シェアハウスを舞台にしたドラマなどが人気を集める中で、特に東京では20代~30代の若い方々を中心にシェアハウスを選ぶ方が増えています。
そこには様々なメリットがあります。
まずは、共同生活の楽しさが挙げられます。
女子限定であったり、同じ趣味を持つもの同士であったり、外国人を含めた異文化交流であったりと、共同生活でしか得られない楽しさがあります。
また、費用面では初期費用が不要であったり、生活設備が予め用意されているので入退去も簡単に済ませることができます。
さらに、帰ったら誰かがいるので防犯に関しても安心です。
しかしながら、デメリットも少なからずあります。
他人と住むわけなので、神経質な人には不向きと言えるでしょう。
また、異性トラブルの可能性もあります。
この様な部分も踏まえて入居する人が増えているのが現状となっています。
不動産会社によっては、東京のシェアハウスを専門に扱う会社もあるので興味がある方は参考にしてみると良いでしょう。

次の記事へ